足の臭いでお悩みの方必見!2019年版最新のデオドラントクリームをランキングで紹介しちゃいます。

臭すぎる!許せない足の臭いはどんな種類がある?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2020/06/02


自分の足が強烈に臭い、ショックを受ける人も多いのではないでしょうか。靴下や靴を脱ぐたびに臭いと、人の家を訪問したり座敷のある居酒屋に行きづらくなるなど、楽しみたいことが心から楽しめなくなってしまいます。足が臭う原因は複数あり、それによって臭いも変わってきます。

雑菌が原因で発生する足の臭い

足は靴下や靴で覆われている時間が長く、ムレやすくなります。本人は不快な状態ですが、高温多湿の状態は、雑菌にとっては繁殖しやすい環境です。汗や皮脂、古い角質は雑菌にとってのエになるため、体の部位の中でも臭いが出やすくなります。

雑菌による主な足の臭いには、納豆臭いのと酸っぱいのと2種類あります。雑菌は汚れを分解する時に物質を作りますが、それがイソ吉草酸です。イソ吉草酸は納豆にも含まれている成分で、足が納豆臭くなればなるほど雑菌が繁殖していることになります。

足の裏には汗腺が多く、予想以上に発汗しています。足は1日コップ1杯ほどの汗をかいていると言われています。発生した汗自体は無臭ですが、エサにするため雑菌が汗を分解した時に臭うようになります。

分解することで生産される成分が酢酸で、足の臭いが酸っぱいというのは、こうした仕組みによって発生します。 毎日履く靴も、放置しておくと雑菌が繁殖し、納豆の臭いや酸っぱい臭いを発するようになります。靴は足から出た汗や汚れを吸収し湿っぽくなり、雑菌がすみやすい環境ができあがってしまいます。

足を毎日洗って清潔にしていても、靴が汚れたままだと効果が半減します。 靴は定期的に洗い手入れを欠かさないようにしましょう。足を覆うタイプの靴は通気性が悪く汗が溜まりやすくなるため、湿気がこもらないよう特に注意が必要です。足はできるだけ乾燥させるようにし、クリームなどデオドラントグッズを使用して予防を高めることがポイントになります。

疲労がたまることで発生する足の臭い

疲労がたまることで体から独特の臭いが出てしまうことがあります。疲労が蓄積していくと、体内からアンモニアが発生します。アンモニアはツンとした臭いがありますが、疲労が原因の場合、足も同じように臭くなります。特に過度に疲労が溜まっていたり、お酒を飲みすぎる、肥満気味という場合はアンモニア臭が強くなり、足からも不快な臭いを発します。

疲労が蓄積する原因は、日常生活に多く転がっています。仕事が忙しく運動する時間がなかなか取れなかったり、睡眠時間を削って残業に励むなど、体を休める時間が極端に少なくなることで疲労はどんどん溜まっていきます。

ストレスも体臭に影響を与え、アンモニアのような臭いが出ることもあります。緊張するなどストレスが強くなると、汗が出てきますが大量に汗をかくことも臭いの原因です。疲労やストレスからくる足の臭いは、足を清潔にするだけでは取れません。制汗クリームを使って足の臭いを予防するとともに、日常生活を見直し、疲労やストレスの原因となるものを取り除いていく必要があります。

足がアンモニア臭くなったら疲労やストレスがたまっているかもしれません。少し体を休める時間を日常生活に取り入れた生活習慣を心がけてはいかがでしょうか。ジムで汗を流すなど、特別なことをする必要はなく、湯船に浸かってゆっくりしたり、30分早く寝るようにするという風に、日常生活を一工夫させるだけでも違います。

ダイエットや加齢からくる足の臭い

ダイエットなどで食事制限をすると、ケトン体が発生しやすくなります。ケトン体は臭い物質と呼ばれるように、強烈な臭いを持っています。体内で増えたケトン体は血液の中に入り、全身をめぐります。ケトン体が増えすぎると汗や息にも出るようになり、独特の体臭や口臭が出てきます。

ケトン体は甘酸っぱい臭いが特徴で、足の臭いにも反映されます。 炭水化物を抜いたり、極度に減らすと、ケトン体が発生しやすくなりますので、極端な食事制限はやめて、栄養をバランス良く取り入れた、ヘルシー食に切り替えます。特に野菜や海草類、大豆と言ったアルカリ性の食品は体臭予防に取り入れたい食材です。ケトン体は運動不足でも生じますので、適度に体を動かすこともポイントになります。

年齢を重ねると、ノネナールという物質が出てきます。ノネナールは油っぽい臭いを発するのが特徴で、40歳以降の男女に現れやすくなります。もし自分の足が似たような臭いだったら、年齢によるものかもしれません。

石鹸やクリームなど、加齢臭予防向けの商品が多く出回っていますので、それらを使って予防することは可能です。皮脂や汗をこまめに取り除くことも効果的な方法になります。

体内が酸化することでノネナールが発生しやすくなりますので、抗酸化を意識した食事を取り入れてみましょう。抗酸化成分といえばビタミンCやポリフェノールなどですが、果物や野菜、きのこ類など新鮮な食材をバランス良く取り入れることがポイントです。毎回バランスの良い食事が難しければ、サプリメントなどを使って栄養補給すると言う方法もあります。

 

足の臭いは、原因によって種類があるということが分かりました。臭いを断つには原因を取り除く必要がありますが、自分の足の臭いをチェックして、それに適した対策を実践していくことがポイントに成ります。足を清潔にすることと、規則正しい生活を心がけることはどの対策にも当てはまります。制汗クリームなど自分にあったデオドラントグッズを取り入れながら、食事や運動から体をケアしていくことが臭い解消の近道です。

足の臭い対策向けおすすめクリームランキング

イメージ1
2
3
4
5
商品名ニャオワン
(Nyao Wan)
デオナチュレ
(足指さらさらクリーム)
ノーノースメル
(NO!NO!SMELL!)
ラヴィリン・フットクリーム
(lavilin)
クリアネオ
(cleaneo)
内容量60g30g30g12.5g30g
効果・特徴速乾性の高いジェルで、消臭と角質ケアのW効果蒸れやベタつきが気にならないサラサラ感4つの機能で足環境を”整える”クリーム1回で効果が1週間以上続く例もある無添加・無香料で肌に優しい
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【足の臭い対策向け】デオドラントクリームランキング!
記事一覧