足の臭いでお悩みの方必見!2019年版最新のデオドラントクリームをランキングで紹介しちゃいます。

臭いの原因は食生活も関係ある?注意する食べ物って?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2020/06/02


食べ物によっては臭いを強める働きをするものもあるので気をつける必要があります。足は靴の中に密閉されていることも多いので特に臭いが発生しやすい場所です。臭わないようにするためには、それらの食べ物をなるべく食べないようにすることが効果的です。ここでは足の臭いを防ぐために気をつけたほうがよい食べ物について紹介します。

臭い臭いを作り出すニンニクなどの野菜

足の臭いを強める食べ物として気をつけたほうが良いのは臭いが強い食べ物です。臭いが強いものは、臭いの元となっている成分が中に存在しているために、それを食べると体の中に臭いの元となる成分が吸収されてしまいます。

こうした成分は体の中で消化されても体内に残ることが多く、それが汗などと一緒に流れ出して、臭い臭いを作り出すことになります。特に足の裏などは普段から靴下や靴を履いていることが多いため、知らないうちに汗を流していることもあり、臭いの元となっている物質も一緒に流れ出て体臭を強めている場合もあります

このような臭い足の臭いを作り出す可能性のある食べ物としてあげられるのがニンニクです。ニンニクには体の臭いの元となる成分が多く含まれているので、多く摂取すればするほど足の臭いの原因となってしまう場合があります。

ニンニクに独特の刺激臭があるのは、含まれている成分と大きく関係していて、特に臭いを強めているのが硫黄を含んでいる化合物です。硫黄は独特の臭い臭いを持っているので、それを体内に吸収すると汗となって流れるときに体臭の原因となってしまいます。

このような硫黄化合物を多く含んでいる食べ物はニンニクに限らず、多くのねぎ類の野菜に共通するものです。ニラや玉ねぎなどにもこうした物質が多く含まれているので、食べ過ぎないように注意が必要です。

臭い臭いを作り出すアルコールの入った飲み物

足の臭いを作り出す原因となる食べ物としてあげられるのが、アルコールを大量に含んでいるものです。特にビールや日本酒などのお酒は、臭いのもととなるアルコールを大量に含んでいるので、飲みすぎた後は足の臭いが強くなっていないかチェックする必要があります。

アルコールが足の臭いを強める可能性があるのは、アルコールが体内で消化されたときに発生する成分と大きく関係しています。アルコールは肝臓などの器官で消化されたときにアセトアルデヒドという物質に分解されますが、このアセトアルデヒドが体の強い臭いの原因となります。

体内に残ったアセトアルデヒドが血液の中に流れ込み全身を隅々までめぐって、足のうらまで到達します。血液の中のアセトアルデヒドは汗などと一緒に流れ出るため、臭い臭いを作り出します。そのために、アルコールを大量に摂取した日の翌朝、会社に出勤するために靴を履いて外出した際、足の裏からアセトアルデヒドを含んだ汗が流れ出て、いつもよりも強い悪臭が生じている場合もよくあります。

臭いを防ぐためにはアルコールの摂取をできるだけ控える必要がありますが、アルコールはお酒以外のものにも入っている場合があるので何かと注意が必要です。特に夏場などは足の裏から汗をかきやすいので、臭いが発生しやすくなるため、悪臭を防ぐためにはできるだけアルコールを控えたほうが賢明です。

足の臭いを作り出す肉などのたんぱく質

足の臭いを作り出す原因となる食べ物としては各種の肉類もあげられます。肉が臭い臭いの原因となるのは、さまざまな原因があげられますが、特に臭いを強める原因となるのが、体内で消化されるときに発生する物質です。

体内で消化された肉の一部はアンモニアや硫化水素などの刺激臭を含む物質に分解されますが、これらの物質が体の臭いを作り出す元となっています。アンモニアや硫化水素は汗と一緒に流れ出して、体の悪臭を作り出すので、足の臭いを防ぐためには気をつけたほうが良い食べ物です。

肉が体の臭いの原因となるのは刺激臭を持つ物質を多く含んでいるだけでなく、たんぱく質を多く含んでいることも大きな原因です。たんぱく質は糖分などの栄養素と比較しても、体内で消化をする場合は特に多くのエネルギーを必要とする物資として知られています。

その量は糖分の数倍にも及ぶために、肉を多く食べれば食べるほど、体内で多くのエネルギーが消費されることになります。体の中でエネルギーが消費されることになり伴って発生するのが、体温の上昇です。体温が上がれば必然的に体液の分泌もさかんになるので、臭いの原因となる物質が体外に流れやすくなります。

こうした臭いの強まる食べ物を食べた後は、クリームなどを使用して足の臭いをふせぐのも効果のある方法です。クリームに含まれている成分が悪臭のもとになる成分を抑えて、臭いを弱める働きをします。

 

足の臭いは食べ物によっても強まる場合があります。臭いを気にしている人は食べ物にも普段から気をつける必要がありますが、臭いの強いものを食べた後は専用のクリームを塗るのも効果的です。クリームに含まれている成分が足の臭いを抑えてくれるので、靴を脱ぐときにも安心です。

足の臭い対策向けおすすめクリームランキング

イメージ1
2
3
4
5
商品名ニャオワン
(Nyao Wan)
デオナチュレ
(足指さらさらクリーム)
ノーノースメル
(NO!NO!SMELL!)
ラヴィリン・フットクリーム
(lavilin)
クリアネオ
(cleaneo)
内容量60g30g30g12.5g30g
効果・特徴速乾性の高いジェルで、消臭と角質ケアのW効果蒸れやベタつきが気にならないサラサラ感4つの機能で足環境を”整える”クリーム1回で効果が1週間以上続く例もある無添加・無香料で肌に優しい
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【足の臭い対策向け】デオドラントクリームランキング!
記事一覧